ドメインの取得方法は2種類|専門会社とレンタルサーバー会社どっちがお得?

ホームページやメールアドレスで使われ我々の生活に身近な存在のドメイン。「ブログのドメインはどうやって取得するの?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、ドメインの取得方法を2つ紹介。どちらで契約するのがお得かも解説しています。

本記事は、フリーランスのブロガーとして活動するkima(@Kimama_zin)が執筆。適当に購入することもできるドメインですが、後で変更するのはなかなか大変です。この機会に基本を抑えておきましょう。

目次

ドメインとは

ドメインは「インターネット上の住所」と表現されることが多いです。Webサイトがどこにあるか判別するために使用されます。

ドメイン名(ドメインめい、domain name)は、IPネットワークにおいて、個々のコンピュータを識別し、接続先を指定するために使用される名称の一部。

引用:ドメイン名 – Wikipedia

重複を避けるためICANNという組織が一元管理しています。

ドメインの取得方法は2つ

「ドメインはどのように取得するのか?」

取得方法は大きく分けると以下2つに分類されます。

①ドメイン専門会社で取得

ドメインを専門で取り扱うICANN公認レジストラからドメイン単体で購入することも可能です。

日本の場合、が有名です。国内ドメインシェアNo.1(※1)、東証一部上場企業であるGMOインターネット株式会社が運営。シェアトップで安心して購入ができます。

選べるドメインの種類が多いので、個性的なドメインが欲しい方はこちらがおすすめです。

※1:https://www.gmo.jp/library/file/GMOInternet_Group_Profile.pdf

②レンタルサーバー会社で契約

ドメインを単体で契約をしてもブログを始めることができません。

そのため、ブログを始める場合サーバーとドメインは同時に申込むのが一般的です。

レンタルサーバー会社でドメインを購入するのが一般的になりつつありますが、ドメイン専門会社でもサーバーレンタルは可能です。

ドメイン取得は専門会社とレンタルサーバー会社どっちがお得?

ドメインを取得するならICANN公認レジストラとレンタルサーバー会社どちらがお得か?

結論から言うと、初期費用はドメイン専門会社の方が安いですが、月々の料金を抑えたい場合はレンタルサーバー会社でドメインを取得するのがお得です。

詳しくは以下の表をご覧ください。

ドメイン専門会社(お名前.com)とレンタルサーバー会社を表で比較したものです。

ドメイン専門会社
お名前.comの場合
レンタルサーバー
ConoHa WINGの場合
ドメインの種類580種類20種類
選べるドメインの例.com、.net、.jpなど.com、.net、.orgなど
ドメイン登録費用0円〜0円〜
※2つまで無料
ドメイン更新費用対象ドメイン0円
※更新後12ヶ月間サーバー利用
0円
※契約継続の場合
サーバー初期費用0円
※サーバー最大2ヶ月無料
740円〜
※サーバー代のみ
サーバー費用1,430円(税込)/月740円(税込)/月〜
※料金プランによる
WordPressテーマ割引神威(6,380円OFF)
DIVER(2,800円OFF)
THE THOR(3,080円OFF)
Emanon(2,570円OFF)
LIQUID CORPORATE(550円OFF)
Sun set(6,600円OFF)
SANGO(1,100円OFF)
JIN(550円OFF)
THE SONIC(1,002円OFF/年額)
詳しく見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる