ブログ記事の効果的なリライト方法|いつやるのが正解?手順を解説

タイプライターと雑貨、文字REWRiT

「ブログのリライトってどうやってやるの?」
「リライトっていつやるのが正解?」

今回は、このようなお悩みを解決します。

多くの人に記事を読んでもらうには、リライトでユーザーの体験の質を上げることが必要不可欠と言えるでしょう。

なぜなら、ユーザーの反応(滞在時間、離脱率)は、検索順位に反映されるからです。

情報そのものが優れていたとしても、ユーザーが求めているものでなければ、残念ながら検索順位は上がりません。

そこで、本記事では、ブログの効果的なリライト方法について具体的に解説していきます。

3サイト運用している経験をもとに、効果的なリライト方法を紹介していきます。

この記事を読むと分かること
  • リライトの意味
  • リライト方法(手順、タイミング)
目次

リライトとは|意味と目的

そもそもリライトとは何か?

リライトとは、すでに書いた記事を書き直すこと。

rewriteのカタカナ英語です。

rewriteとは
主な意味:(…を)書き直す、書き換える、書き直して記事にする、書き直す

出典:英語「rewrite」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

一般にブログ記事のリライトは、“記事の主題を変えず、部分的に書き直したり文章を追加することを指します。

主な目的は以下です。

リライトの目的
  • 誤字・脱字の修正
  • 記事を読みやすく改善

ユーザーの体験の質が向上することで、検索順位の上昇が期待できます。

リライトはいつやるのが正解?

リライトの時期について解説します。

個人の実体験にもとづく情報なので、参考程度にご覧ください。

リライトのタイミング

「ブログのリライトはいつすればいいのか?」

結論から言うと、順位が落ち着いてからの方が、リライト効果が分かりやすくおすすめです。

一般的に、新規ドメインで新しくブログを立ち上げた場合、記事に検索順位がつくまでに3ヶ月〜半年程度必要と言われています。

順位がついていない時にリライトをすると、効果を測定できないため逆効果になってしまうこともあります。

最新の情報を追加

セール情報など、新しい情報が求められている記事は、最新情報を随時追加した方がよい場合があります。

特に上位に表示できている記事は、タイトルやメタディスクリプションが反映されやすいのでおすすめです。

リライトをしたから検索順位が上がるとは限りません。下がることもあるので注意。

リライト方法・手順

リライトの大まかな流れを解説します。

STEP

まず最初に、記事の問題点を見つけます。

そもそも何を解決したいのか考える。

(例)記事がクリックされない

STEP

問題点に対して、できる改善案を考えます。

箇条書きでいいので、問題点をどうやったら解決できそうか書き出す。

(例)タイトルを魅力的なものに変えれば読んでもらえるかも

STEP

実際に記事の内容やタイトルを修正します。

改善案を実行に移す。

(例)「リライト方法」→「効果的なリライト方法」

STEP

できれば期間を決めて検証。効果が表れるかどうか確認します。

最後に、リライトの効果を検証。

(例)1週間のクリック数が5回増加

何も考えずにリライトをすると、なぜ効果が出たのかがよく分からないまま終わってしまうので、次のリライトにその経験を活かすことが難しいです。

せっかくリライトをするなら、しっかりと検証をしましょう。

STEP1:記事の問題点を見つける

最初に、記事のどこを改善したいのか問題点を探します。

リライトしたい記事がどの段階なのか把握しましょう。

記事の改善点を探す
検索順位が低い

記事の検索順位が低くてクリックされない状態。

検索結果2ページ以降の記事は、基本的にクリックされません。

まずは、記事を上位表示できるように改善する必要があります。

10位以下であれば検索順位がまだまだ低いと言えます。

記事がクリックされない

検索順位が高いのにクリックされない状態。

Googleに記事の中身は評価されていますが、読者が記事をクリックしていません。

リライトの優先度が高いです。

直帰率が高い

読者がブラウザバックしてしまう状態です。

記事の質や内部リンクに問題がある場合が多いです。

広告がクリックされない

広告がクリックされない状態です。

コンテンツを読んで読者が広告をクリックしたにも関わらず成約に至らないので、かなり惜しい状況です。

STEP2:記事の改善案を考える

次に、どう改善するかを考えます。以下例です。

改善案の例
  1. 検索順位が低い → 文字数を増やす、上位記事で書かれている内容を追加
  2. クリックされない → タイトルを変更、ディスクリプションを修正
  3. 直帰率が高い → 内部リンクを変更、記事の質を高める
  4. 広告がクリックされない → 広告を変更

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

検索順位が低い場合

対処法は色々ありますが、効果的な方法を一部紹介します。

①文字数を増やす

そもそも文字数が少なすぎる場合、上位表示されている記事と同じくらいの文字が必要と考えられます。

情報量が少ないと記事単体の評価で負けてしまうことがあるので、リライトで読者が求めている情報量まで文字数を増やす必要があります。

②上位記事で書かれている内容を追加

上位記事の見出しに共通する項目で、自分の記事に足りないものがあったら追加します。

たとえば、美味しいりんごと検索した時に出てくる記事に、美味しいりんごの食べ方が書いてあったとします。

上記のように、読者の潜在的なニーズがある記事の方が一般的に上位表示されやすいのでリライトで追加が必要なことが多いです。

※コピペはやめましょう。詳しくは、Google公式ページをご参照ください。

無断で複製しただけのコンテンツは、サイトで他の役立つサービスやコンテンツを提供しない限り、ユーザーに付加価値を提供するとはいえません。場合によっては、著作権侵害にあたるおそれもあります。

参照:無断複製されたコンテンツ  |  検索セントラル  |  Google Developers

クリックされない場合

クリックされない場合は、タイトルを変更するのが有効です

・始め方などの記事であれば、注意点をタイトルに追加
・情報の鮮度が大事な場合、タイトル冒頭に【最新】などを追加

直帰率が高い場合

直帰率が高い場合は、内部リンクを変更するのが簡単かつ有効です。

その記事を読んだ時に、次に読みたくなるような記事を内部リンクで繋ぎましょう。

・商品紹介の記事であれば、競合製品との比較記事を内部リンクで結ぶ

そもそも記事冒頭で読むのをやめてブラウザバックしている可能性も考えられます。

その場合は、魅力的なリード文になるようにリライトしましょう。

広告がクリックされない場合

広告がクリックされない時は、広告のスタイルを変えるのが簡単かつ有効です。

・バナーをテキスト画像に広告を変更など

読者が記事を読み終えた時にまだ迷いがある場合だと広告はクリックされません。

・商品、サービスの簡単な比較表を記事後半に載せる

アフィリエイト広告での収益化が難しい記事の場合は、Googleアドセンスの自動広告がおすすめです。

STEP3:記事をリライト

改善案が決まったら、実際に記事をリライトしていきましょう。

基本的には、読者の悩みを解決できるように導くイメージで書きます。

記事修正のポイントは以下です。

①修正内容を記録しておく

修正前の内容を記録しておくことが大事です。

結果が悪くなる可能性もないとは言い切れないからです。その場合は、前書いた文章に戻すのも手です。

どのように修正したのかを書き残しておきましょう。

リライトの際にいらない文章を削除する場合も、念のためメモなどに保存しておいた方がよいです。

②自分の言葉で文章を書く

自分の言葉で文章を書くことが大事です。

どうしても上位サイトを参考にして書くと、ほとんど同じような文章になってしまいます。

「少し言い換えたらいいでしょ?」と思う方も多いかもしれませんが、それでは意味がありません。

「たとえば〜」などを使うと他のサイトと差別化しやすいです。

STEP4:リライトの効果を検証

リライトしてブログを更新したら、効果が出るか検証します。

期間(1週間、1ヶ月、3ヶ月など)を決めて検証すると、リライトの効果がわかりやすいです。

比較するために、現在の記事の状況(検索順位、どのクエリが何位かなど)もメモしておきましょう。

ドメインパワーが高いサイトは、検索結果に表示されて順位がつきやすいですが、ブログを立ち上げてまもない場合、順位がつくまでに3ヶ月程度くらいかかると考えておいた方がいいです。

検証した結果
  • 結果が出なければ他の案を試す。
  • 結果が出た場合は、次の改善点を見つけさらにリライト。
  • 結果を出すのが難しい場合は、他の記事に注力することも時には必要。

まとめ

今回は、ブログの効果的なリライト方法について解説してきました。

まとめ
  1. STEP1:記事の問題点を見つける
  2. STEP2:改善案を考える
  3. STEP3:リライト
    • どこを修正したのか記録しておく
    • 自分の言葉で文章を書く
  4. STEP4:効果を検証

リライトしないで納得できるまで推敲してから書くのもいいですが、日々リライトをしてコンテンツの質を高めていく方が楽です。

なぜなら、ライティングのスキルが上がってくると、結局後で記事を書き直すことになるからです。

特にブログ初心者は、最初から完璧なものを書こうとせず、ユーザーの反応を見て記事をリライトしていきましょう。

参考になれば幸いです。

タイプライターと雑貨、文字REWRiT

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる