【SWELL】Googleアドセンス設定方法、貼れない場合の対処方法も解説

本記事では、WordPressテーマ「SWELL」のGoogleアドセンス設定方法と貼れない場合の対処法を解説しています。

公式サイトを参考に、サーバー別に対処法紹介しているので「表示されない」と困っている方も解決できるはずです。

目次

SWELLGoogleアドセンス設定方法

Googleアドセンスの設定方法は自動広告と手動広告で異なります。

※サイトによって自動広告がいいか手動広告が適しているか異なりますが、サイト運営者として経験をつみたい場合、自動広告を運用してみるのがいいでしょう

自動広告の設定方法

自動広告の設定方法は、以下記事で詳しく解説しています。

【検証】Googleアドセンスの自動広告はどう?デメリットも解説

手動広告の設定方法

  1. Googleアドセンスで新しい広告ユニットを作成
  2. コードをコピー
  3. ウィジェットに貼り付け

詳しくは公式サイトで図解されているので、以下リンクをご確認ください。

Googleアドセンスの貼り付け方【申請コード・広告ウィジェット・目次前広告・自動広告】 | WordPressテーマ SWELL

SWELLでGoogleアドセンスが表示されない場合の対処法

SWELLでGoogleアドセンスが表示されない場合は、サーバーで設定できるWAF(Webサイトを保護するセキュリティ対策)が原因の場合が多いです。

以下、主要なサーバー別に設定方法を解説しています。

ConoHa WINGの場合

ConoHa WINGの場合、WAFは以下で設定可能です。

  1. 「サイト管理」をクリック
  2. 「WAF」をクリック
    • 「OFF」をクリック
  3. 毎回ON、OFFが面倒な場合は「サイトセキュリティ」をクリック
  4. 「除外」をクリック
  5. 「はい」をクリック

前述した方法でウィジェットから貼り表示されるか試しましょう。詳しくは、以下公式サイトをご覧ください。

WAFの設定をする|ConoHa WINGサポート

エックスサーバーの場合

エックスサーバーのWAF設定手順は以下です。

  1. サーバーパネルへログイン
  2. 対象ドメインの選択
  3. WAF設定項目の変更
  4. 設定確認画面
  5. WAF設定完了

詳しくは、以下公式サイトをご覧ください。

WAF設定 | レンタルサーバーならエックスサーバー

ロリポップの場合

ロリポップのWAF設定手順は以下です。

  1. ユーザー専用ページにログイン
  2. WAFの設定変更

詳しくは、以下公式サイトをご覧ください。

WAFの解除・設定 / セキュリティ / マニュアル – ロリポップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次