【WordPress】リード文とは?場所と意味を分かりやすく解説

「リード文って何?場所と意味を知りたい。」

今回は、このような疑問にお答えします。

リード文とは、“記事冒頭の文章のこと”で、導入文と呼ばれたりもします。

記事の最初の文章っていわゆる掴み的な感じなので、なかなか何を書けばいいのか悩ましいですよね。

kima

ブログを始めたばかりの頃は、そもそもリード文の意味も知らずに文章を見よう見まねで書いていました!

そんな自身の経験を踏まえ、今回はリード文について初心者にも分かりやすいよう解説していきます。

この記事を読むと、リード文の意味をより詳しく理解できるので、本文の内容に説得力を持すことができるようになるはずです。

この記事を読むと分かること
  • リード文の意味
  • WordPressのリード文の場所
  • リード文の役割
  • リード文を書くポイント

ここまでがリード文です。

目次

リード文とは?意味と場所

⬆︎見出し1(H1)

冒頭でもお伝えしましたが、リード文とは、”記事冒頭の文章のこと”です。つまりあなたが読んでいるこの文章はすでに本文に入っています。

では、どこがリード文か?

WordPressの場合だと、見出し1(H1)の前の部分がリード文です。

リード文の役割

読者はなかなか、いきなり本題に入り込めないものです。

たとえば、初めて会った人にいきなりビジネスの話はしないですよね。挨拶をして、ちょっとした自己紹介をしてから本題に入るのが一般的です。

それと同じように、リード文は、”本文にスムーズに入れるよう助走をつける役割”があります。

ブログのリード文で書く内容

では、具体的にブログのリード文では、何を書けばよいのでしょうか?

自己紹介だったり、挨拶などをリード文で書いたり。それ以外だと、記事で伝えたい内容をまとめたり、問題提起や結論を先に書く手法などもあります。

結局リード文に何を書けばいいか?

本質的には、“記事本文を読まなくても何が書いてあるか分かる”ことが最も重要です

小説や新聞のエッセイなどとは違い、検索して記事にたどり着いた読者が求めているのは、疑問や悩みに対する答えです。いち早く自分の求めているものがこの記事にあるかどうか知りたいものです。

勿体ぶらないで記事の内容をしっかりと説明し、読者に記事を“読むメリットが感じられるような文章”を書きましょう。

リード文を書くポイント

リード文を書くポイントを簡単にまとめると以下の3つです。

リード文を書くポイント
  • タイトルと内容が一致していること
  • 読者にとって記事を読むメリットがあること
  • 共感できる要素があること

タイトルと内容が一致していること

タイトルとリード文の内容が全然違うと、読者は悩みが解決され無そうだと判断し、記事から離脱してしまいます。

読んで欲しいからとリード文の内容と違うタイトルをつけることはやめた方がいいです。

“タイトルと内容が一致していることは最も重要”です。

読者にとって記事を読むメリットがあること

“記事を読むメリットがあること”をリード文で伝えるといいです。

たとえば、この記事の場合、タイトルでリード文の場所と意味が分かると判断できます。

さらに、リード文で、読み進めると以下のメリットがあることを提案しています。

  • ブログのリード文で書く内容が分かる
  • リード文を書くポイントが分かる

共感できる要素があること

リード文に読者が“共感できる要素があること”は非常に重要です。

読み始めた時に、この記事は自分を理解してくれなさそうだと感じると読者は記事をそれ以上読まないことが多いです。

右下のボタンを押すとページ上部に戻れるので、この記事のリード文を改めて読んでみてください。

共感できる要素を2つ入れています。

リード文とは?その意味のまとめ

リード文とは、”記事冒頭の文章のこと”で、本文をスムーズに読んでもらうために、助走をつける役割があることが分かりました。

リード文には記事の全てがあるといっても過言ではありません。

ポイントを抑えて、最後まで読んでもらえるようなリード文を目指しましょう。

今回は、リード文の初歩的な内容なので、より深く知りたいという方は、以下の記事も併せてご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
目次
閉じる