【WordPress】パーマリンクとは?ブログに最適な設定を解説

「ブログに最適なWordPressのパーマリンク構造について知りたくないですか?」

ブログに適したパーマリンクを使用すると、検索結果でWebサイトを上位に表示できる可能性が上がります。なぜなら、ユーザー体験の向上がGoogleの目指す価値観であり、検索エンジンがあなたのページ内容を理解しやすくなるからです。

先に結論から言うと、ブログにおすすめのパーマリンク設定は投稿名です。

今回、「なぜ投稿名がおすすめなのか、なぜパーマリンクは重要なのか」について詳しく解説していきます。「時間が惜しい」「設定手順を今すぐ知りたい」という方は、以下リンクをご活用ください。

» パーマリンク設定手順

» パーマリンクを変更する際の注意点

本記事は、SEO専門サイトの知見、複数サイト運営の経験をもとに作成しています。

目次

【WordPress】パーマリンクとは?

パーマリンクは、URLのことです。 WordPressでパーマリンクについて語られる時、Webサイト全体で使用するURL構造を指します。初期設定では、新しいWordPressサイトは、ページと投稿に次のようなリンク形式が使用されます。

yourwebsite.com/?p=123

これは「基本」のパーマリンク構造です。URLの末尾にある数字は、特定の投稿やページのIDと一致しますが、URLを見ただけだと内容が分からないので、リンクをクリックするまでどこのページに繋がっているか分かりません。

そのため、Googleが推奨するシンプルなURL構造に変更するのが望ましいです。

例えば、この記事の場合は以下URLがパーマリンクに該当します。

パーマリンクの設定(permalink-setting)がURLに入っているため、検索エンジンやユーザーにとって理解しやすい構造になっています。

» パーマリンク設定手順

もう少し詳しく

パーマリンク(permalink)とは、「perma(永続的な)」と「link(結びつける)」を組み合わせた単語で、ある投稿、ページ、その他のコンテンツの完全なURLのこと

永続的なリンクのため、パーマリンクという名前がついています。将来にわたって変更されないように意図されたURLのためハイパーリンクの影響を受けにくくなるのが特徴です。

参照:What is a permalink? • SEO for beginners • Yoast
Permalink – Wikipedia

パーマリンクとURLの違い

URLはインターネット上の任意のWebページ、ファイルにつながるリンクなのに対して、パーマリンクは、 WordPressサイト上の特定のコンテンツへの永続的なリンクとして機能するURLのことです。

補足すると、WordPressで一度パーマリンクを設定すると、投稿画面などで選んだパーマリンク構造が採用されます。

パーマリンクはなぜ重要?

パーマリンクは、検索エンジンと読者どちらもこのURLを使用してサイトをインデックスし訪問するため、サイトの重要な部分です。

パーマリンクの種類で、評価が変わると言われています。

例えば、URLの末尾に意味不明な文字列が並んでいるものと、短くてシンプルなURLがあったら、どちらをクリックしますか?

ほとんどの人が、短くてシンプルなURLを選ぶのではないでしょうか。

【WordPress】ブログに最適なパーマリンク設定は投稿名

パーマリンク設定画面

WordPressではパーマリンク構造が以下6つ用意されています。

  • 基本
  • 日付と投稿名
  • 月と投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名
  • カスタム構造

最初にお伝えした通り、ブログにおすすめのパーマリンク設定は投稿名です。

理由としては、投稿名はULRの文字を自身で選ぶことができるため、ユーザーと検索エンジンにって分かりやすい内容に変更することが挙げられるでしょう。

また、記事の公開日がURLに入っていると、読者に古い印象を与えてしまう可能性もあります。

さらに、個人で運営するブログは、大規模なニュースサイトのように毎日何十記事も投稿するわけではないので、数字ベースだと記事数が少ないサイトと捉えられる可能性があります。

参照リンク:What Is The Best Permalink Structure For WordPress?

パーマリンクについてよくある質問

WordPressパーマリンク設定でリンクの美しさや使いやすさ、前方互換性と書いてあり、「意味が分からない」と感じる方もいるのはないでしょうか。

ここでは、パーマリンクについてよくある質問にお答えします。

日本語は好ましくない?

Googleは、国や地域に合わせてURLを最適化することを推奨しています。

推奨: ローカライズした単語を URL に使用する(該当する場合)

引用:Google の URL 構造に関するガイドライン

しかしながら、エンコード(データの変換)が必要なこともあり、英語のURLが一般的です。

URL=英語という認識が日本人の中に根付いているため、日本語に変換する人が少ないというのもあるでしょう。

カスタムURL構造とは?

カスタムURL構造とは、 パーマリンクを自身の好きなように変更したURLの構造のこと。

以下利用できるタグを表にまとめたものです。

/%year%/投稿した年をURLに表示
/%monthnum%/投稿した月をURLに表示
/%day%/投稿した日をURLに表示
/%hour%/投稿した時間をURLに表示
/%minute%/投稿した分数をURLに表示
/%second%/投稿した秒数をURLに表示
/%post_id%/投稿IDをURLに表示
/%postname%/投稿名をURLに表示
/%category%/カテゴリをURLに表示
/%author%/著者をURLに表示

リンクの美しさとは?

リンクの美しさは人により感じ方が異なりますが、リンクがページの内容について、検索エンジンとユーザーどちらにも分かりやすいのであれば、それは美しいと呼べるでしょう。

前方互換性とは?

前方互換性についてのWebilo辞書の解説は以下です。

前方互換性とは、新旧の製品のうち、古い製品がより新しい製品の機能やデータ形式を扱うことができること

引用:forward compatibilityとは何? わかりやすく解説 Weblio辞書

パーマリンクを変更する場合の注意点

URLの評価を引き継ぎたい場合、リダイレクトを推奨します。

リダイレクトとは、WebサイトやページのURLを変更した際、古いURLにアクセスしたユーザーを自動的に新しいURLに転送すること。

ここでの評価を引き継ぐとは、Google検索エンジンからの評価と、外部サイトからの評価です。

分かりやすく言うと、検索結果上部に記事が表示されていたり、外部サイトからリンクされている場合、リンクが途切れることで検索エンジンやユーザーを困らせてしまうというわけです。

リダイレクトはプラグインを使うことで簡単にできます。

STEP
プラグイン「新規追加」をクリック
STEP
301 Redirectsで検索、「今すぐインストール」をクリック
STEP
有効化をクリック
STEP
プラグインの画面でManage Redirectsをクリック
STEP
リダイレクト元とリダイレクト先を入力、設定を保存

パーマリンクの設定手順

パーマリンク設定手順

パーマリンクの設定手順は以下です。

  1. WordPressの管理画面を開く
  2. 設定、「パーマリンク」をクリック
  3. 投稿名を選択し、「変更を保存」をクリック

とても簡単ですが一応、画像付きで解説します。

STEP
WordPressの管理画面を開く
STEP
設定、「パーマリンク」をクリック
STEP
投稿名を選択し、「変更を保存」をクリック

以上で設定完了です。

パーマリンクを決める時のポイント3点

パーマリンクを決める時のポイントは以下3点です。

  • シンプルで分かりやいこと
  • 単語に意味があること
  • キーワードを含めること

キーワードというのはこの記事でいうと「パーマリンク」「設定」が該当します。

なぜなら、記事内容がパーマリンクの設定を解説してものだからです。

「 WordPress」「ブログ」もキーワードですが、上記キーワードよりは優先度が低めです。

URLスラッグの単語数の目安

前述した通り、URLはシンプルなものが好ましいです。2〜6語程度がよいでしょう。

例えば、この記事の場合、how-do-i-set-up-permalinksとすることもできましたが、よりシンプルに以下URLを採用しています。

例)kimablog.org/permalink-setting/

単語同士はハイフンで結びます。

パーマリンクの設定が完了し、何となく理解ができたら、ブログ記事のタイトルを考えてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次