Webライターとブロガーの違い、未経験で稼ぐならどっちがおすすめ?

本記事では、未経験で稼ぐならWebライターとブロガーどちらがおすすめか実際の体験談をもとに解説しています。

最近、在宅ワークとして話題になることも多いWebライターとブロガー。「どう違う?」「稼ぐならどっちがおすすめ?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

どちらも記事を書くという点は共通していますが、収益化の仕組みは全く異なります

具体的にどう稼ぐかも詳しく解説しているので、本記事を最後まで読むことで、あなたにどちらが向いているのか分かるはずです。

目次

Webライターとブロガーの違い

まず最初に、Webライターとブロガーの違いを箇条書きでまとめています。

Webライター
ブロガー
  • 1文字あたり〜円の仕事が多い
  • フロー型ビジネス
  • 短期で収益化が可能
  • 様々なジャンルで経験を積める
  • 会社員としての採用もある
  • 広告掲載が主な収益源
  • ストック型ビジネス
  • 収益化に個人差がある
  • 自分で成長する必要がある
  • ブロガーとしての採用は基本ない

Webライターとブロガーの違いは一言で言うと、収益化の仕組みです。Webライターは、一般的に発注者から報酬を受け取るのに対して、ブロガーは広告収入が主な収益源になっています。

Webライターとブロガー、未経験で稼ぐならどっちがおすすめ?

副業として短期で考えているのか、ビジネスとして本格的に取り組むかではおすすめできるものが異なります。

結論としては以下の通りです。

  1. 短期で収益化したい場合:Webライターがおすすめ
  2. 収益化の仕組みを作りたい場合:ブロガーがおすすめ

それぞれ理由と特徴(メリット・デメリット)を解説していきます。

短期で収益化したい場合:Webライターがおすすめ

短期で収益化したいなら、Webライターをおすすめします。

なぜなら、未経験でブログを立ち上げてすぐに稼ぐことは困難だからです。

Webライターであれば、タスク形式のアンケートなど簡単な仕事もあるので、誰でもすぐに挑戦でき収益化が可能です。

また、業務委託や正社員になる道もあるので、将来的に安定した収益を得ることができます。

Webライターの特徴3つ

Webライターの特徴は以下です。

  1. 文字単価が基本
  2. フロー型ビジネス
  3. 納期がある

それぞれ詳しく解説します。

①文字単価が基本
出典:筆者がココナラで最初に出品したサービス

Webライターは、未経験だと“文字単価0.3円〜1円程度”が一般的です。

実際、未経験でWebライターを始めた時、文字単価1円で仕事がなかったため、経験を積んで実績を作るために安価でサービスを出品していました。

ライター案件の例
  • 1文字1円
  • 文字数指定:3000文字で3,000円〜5,000円など
  • タスク形式(簡易的なアンケートなど):200文字500円

例えば、1文字1円だとすると、5,000文字書いて5,000円。

クラウドソーシングの場合、そこから手数料が20%程度引かれるので、実際に受け取る金額は4,000円程度です。

Webライター未経験の場合、リサーチして5,000文字を書くのにほぼ1日費やしてしまう可能性もあります。

クラウドソーシングを使い生活できるレベルで稼ぐには、経験を積み実力が上げ、文字単価を上げていく必要があるでしょう。

②フロー型ビジネス

Webライターは、クライアントが求める内容の記事を書けば報酬が貰えるので短期的には稼げますが、基本的にはその時限りです。

フロー型ビジネスとは、その都度サービスや商品を販売したり、仕事を請け負うビジネスのこと。

クライアントと継続的な関係を持つことも可能ですが、納品して報酬をもらうことには変わりません。

③納期がある

Webライターは、引き受けた記事を期日までに納品する必要があります。

そのため、スケジュール管理などが必要不可欠です。

収益化の仕組みを作りたい場合:ブロガーがおすすめ

収益化の仕組みを作りたい場合、ブロガーがおすすめです。

なぜならブログは、コンテンツを作成することで、収益が入ってくる仕組みを作ることができるからです。

ブロガーの特徴3つ

ブロガーの特徴は以下です。

  1. 自由に書ける
  2. 収入源は広告やコンテンツ販売
  3. ストック型ビジネス

それぞれ詳しく解説していきます。

①自由に書ける

ブロガーの大きな特徴のひとつは、自分が書きたい内容を自由に書けることです。クライアントとのやり取りや指示がないので、時間に拘束されず、臨機応変に書けるのも良いです。

また、自分のブログは後で書き直すことができるので、気軽に投稿ができます。

PV数が増えると広告掲載の依頼など、企業とのやり取りが発生する場合がありますが、引き受けるかどうかは自由です。

②広告収入・コンテンツ販売

ブロガーの主な収入源は、Googleアドセンスやアフィリエイトマーケティング、もしくはコンテンツ販売です。

そのため、書けば必ず稼げるというわけではありません

③ストック型ビジネス

ブログは、書いた記事がそのまま自分の資産となります。

一度コンテンツを作ってしまえば、継続的に収益を得ることができるのが大きなメリットです。

ストック型ビジネスとは、継続的に収入が見込めるビジネスモデルのこと。

▼関連記事

Webライターの仕事はどうやって探す?

Webライターの仕事を獲得する主な方法は以下です。

仕事の探し方
  1. クライアントと直接取引
    • プラットフォームを使用する手数料がかからない
  2. クラウドソーシングサービスを利用して取引
    • プラットフォーム手数用がかかるが、安心して取引が可能
  3. Webライター専門のサイトを利用
    • 関係のない案件がないので、仕事を探しやすい
  4. 求人サイトで探す

クライアントと直接取引

メディアを運営しているサイトや個人が、ホームページやTwitterでライターを募集していることも多いです。

手数料は取られませんが、信用できる相手か見極める必要があります。

そのため、未経験の方はおすすめできません。

クラウドソーシングサービスで仕事を受注

未経験でWebライターを始めるなら、クラウドソーシングサービスの利用がお手軽です。インターネット上ですぐに仕事を受発注できるため、今日から仕事をすることができます。

また、実際に記事を試しに書いて自分がWebライターに向いているかどうか判断することも可能です。

スクロールできます
サービス名特徴
クラウドワークスユーザー、案件数最多。タスク形式など簡易的な仕事がある。
ランサーズ検索条件が細かく探しやすい。
ココナラサービスを出品、依頼がくるのを待てばいいので楽。

コミュニティーを活用

1人だと不安という場合は、コミュニティーを活用するのもいいでしょう。

ぃえちゃさん(@addcolors827

リベ大ワークスなどコミュニティーを活用してライターを始めるという方も最近は増えています。
※2ヶ月目以降月会費1,000円

求人サイトで探す

Webライターの仕事は、一般的な仕事と同様に求人サイトで探すことができます。経験やスキルがある方で、安定した収入が欲しい場合は、正社員として働くのがよいでしょう。

なぜなら、会社員は社会保険やボーナス、社会保険制度があるからです。

具体的には、Indeed (インディード)や求人ボックスなどで仕事を探すことができますが、dodaなどの転職サイトを使うと効率がいいでしょう。

結局どっちがおすすめ?

Webライターとブロガーどちらにも興味があると言う場合は、先にブログを始めることをおすすめします。

理由は、以下3つです。

ブロガーとして先に活動した方がいい理由
  1. 自身のブログがそのままポートフォリオになる
  2. 自身のブログでライティング経験があると、Webライターとして採用されやすい
  3. 案件を受注する際に依頼者の要望を理解しやすいので、クライアントとのコミュニケーションがスムーズ

上記の理由から文字単価の交渉がしやすいです。

ブロガーからWebライターになる手順!実績の作り方

最後に、ブロガーからライターになる大まかな手順を紹介します。

STEP
ブログを始める

まず最初に、ブログを作成できるサービスを選びます。

  1. 無料ブログ
  2. WordPress(サーバー代、ドメイン代がかかる) ※最も自由度が高い

詳しくは以下記事をご覧ください。

STEP
ブログ収益化の仕組みを理解

次に、ブログで収益化する仕組みを理解しましょう。

STEP
ブログで書くジャンルを決める

ブログで書くテーマ(ジャンル)を決めます。

❶特化ブログ ❷雑記ブログ ❸横軸ブログ

STEP
広告をブログに貼る

広告タグをブログに貼ります。

※登録するとやり方が丁寧に書いてあるので、難しく考える必要はありません

STEP
広告収入を得る

案件の条件を満たすと収益が発生。

※クリックで発生、申し込みで発生、購入で発生など条件は案件ごとに異なります

STEP
記事の上位表示を目指す

良質な記事を書き、検索上位表示を目指します。

STEP
クラウドソーシングサービスに登録

クラウドソーシングサービスに登録します。

STEP
クラウドソーシングのプロフィールにブログの実績を記入

クラウドソーシングのプロフィールにブログの実績を記入します。

ブログの実績例
  • WordPressでブログを運営しています。
  • 「〇〇というキーワード」で検索上位表示しています。
  • 月間PV□□です。
STEP
仕事を受注

仕事を受注します。

実績がないと依頼が入らないので、最初は仕事の募集を見て応募するのがおすすめです。

仕事を受注する方法
  1. 仕事に応募(ランサーズなど)
  2. サービスを出品(

まとめ

本記事では、「Webライターとブロガーの違い」「未経験で稼ぐならWebライターとブロガーどちらがおすすめか」実際の体験談をもとに解説しました。

結論、短期で収益化するならWebライター、収益化の仕組みを作りたいならブロガーがおすすめです。

最後に、迷っている方のためにWebライターとブロガーどちらから始めた方がよいか比較の表を作成したので、ご覧ください。

Webライターがおすすめな人
ブロガーがおすすめな人
  • 短期で収益化したい人
  • 自分で発信するのが苦手な人
  • Webライティングの勉強がしたい人
  • 正社員として安定した収入を得たい人
  • 継続的な収入が欲しい人
  • 自分で発信するのが好きな人
  • 広告・マーケティングの勉強がしたい人
  • フリーランスとして活動したい人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次