ブログの始め方|作成サービスおすすめ4選!無料・有料の違いも解説

これからブログを始めようと考えている方で、「サービスがたくさんあってどれを選べばいいのか分からない」と感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、2022年人気のブログサービスを種類別に紹介。おすすめを4つ厳選しています。

無料ブログ、有料ブログとの違い、それぞれのメリット・デメリットも解説しているので、目的・用途に合うサービスでブログを始めることができるはずです。

\ 今すぐおすすめを見る /

目次

ブログとは?

そもそもブログとは何か?

ブログは、インターネット上で公開されている日記形式のWebページの総称です。

1990年代後半に「Web log(ウェブログ)」という言葉が初めて使われ、その後「ウェブログ」「ウィーブログ」、最終的に「ブログ」となりました

総務省の関連サイトによると、ブログは、自分の考えや社会的な出来事に対する意見、物事に対する論評、他のWebサイトに対する情報などを公開するためのWebサイト(※1)と紹介されています。

最近は個人だけでなく企業のブログも増えました。役割は日々変化していると言えるでしょう。

ブログの始め方|大まかな流れ

ブログはどのように始めるか?大まかな流れは以下の通りです。

ブログを始める流れ
  1. ブログサービスを選ぶ
    1. レンタルブログサービス
    1. オープンソース型のブログサービス
    2. 独自型のブログサービス
  2. アカウント登録(レンタルサーバー、ドメインの契約) ※必要な場合
  3. ブログ管理システム(CMS)をインストール ※必要な場合
  4. 記事を書いて公開

無料ブログと有料ブログの違い

ブログサービスを選ぶ前に無料ブログと有料ブログの違いを解説します。

無料ブログと有料ブログの最も大きな違いは“ブログの所有権”です。

無料ブログはあくまでもサービス内のブログという位置付けです。完全に自分のブログというわけではありません。

専門的な話になるので詳しくは省きますが、無料ブログでは独自ドメイン(自分の住所のようなもの)を持てません。

無料有料
AmebaブログなどWordPressなど
費用月額1,000円程度
(サーバー、ドメイン代)
ドメインサブドメイン/サブディレクトリ独自ドメイン
集客方法(検索エンジン)
ブログサービスのコミュニティー
検索エンジン
デザインテンプレートが少ないテーマ、プラグインの導入で自由度が高い
収益化制限あり制限なし
具体的なサービス詳細詳細

無料ブログのメリット・デメリット

メリット

  • 費用がかからないので始めやすい
  • 同じコミュニティーの読者が記事を読んでくれやすい
  • コミュニティーを活用することでSNSと似たような感じで他のブロガーと繋がることが可能

デメリット

  • 完全に自分のブログを持てるというわけではない
  • 検索エンジンからの流入が期待できない
  • サービスが突然終了してしまうリスク
  • デザインのテンプレートが少なく機能の拡張性が乏しい

有料ブログのメリット・デメリット

メリット

  • 独自ドメイン(自分の住所のようなもの)を持てる
  • 検索エンジンからの流入を狙いやすい
  • プラグイン(スマホのアプリのようなもの)を使うことで機能を自由に拡張可能

デメリット

  • 短期的には読者を獲得しづらい
  • オープンソフトウェアで開発されているCMSはアップデートでの不具合やプラグインとの相性などの問題がある

「自分で調べるのは苦手」という場合、オープンソース型のブログは管理がやや難しいかもしれません。

①ブログサービスを選ぶ

それでは、ブログを作成サービスを選びましょう。

・プログラミングに精通していない人にとってはやや難解な話も含まれます。
・結論だけ知りたい場合、おすすめブログサービスをご覧ください。

2022年人気があるブログサービスは以下です。

ブログサービス一覧(公式サイト)

レンタルブログサービス

知名度が高い日本のレンタルブログサービスをまとめました。

どれも基本無料でブログを作成可能です。

スクロールできます
AmebaブログはてなブログFC2ブログnote
特徴国内最大
Ameba独自のコミュニティ
はてな独自のコミュニティ
独自ドメインの取得可能
カスタマイズ性が高い記事を有料で販売できる
リリース2004年2013年2004年2014年
集客サービス内での集客がメインサービス内での集客がメイン(Pro版移行可能)サービス内での集客がメインサービス内での集客がメイン
ドメインサブディレクトリサブドメイン
独自ドメイン(Pro版)
サブドメイン
独自ドメイン(Pro版)
サブディレクトリ
独自ドメイン(法人のみ)
デザイン性テンプレートは少ないテンプレートは多めテンプレートは少ないシンプル
収益化Ameba Pick
外部アフィリエイト不可
Googleアドセンス不可
アフィリエイト可能
GoogleアドセンスはPro版推奨
FC2アフィリエイト
アフィリエイト可能
Googleアドセンス可能
コンテンツ販売
Amazonアソシエイトのみ可能
詳しく見る公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

オープンソース型(CMS)

CMSは簡単に言うとWebサイトを管理するシステムのことです。

「CMS」とは、「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、簡単にいうとWebサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのことです。

引用:https://www.hitachi-solutions.co.jp/digitalmarketing/sp/column/cms_vol01/

オープンソース型と独自開発型の2種類に分けられます。

スクロールできます
WordPressJoomlaDrupal
特徴無料(サーバー、ドメインが必要)
シェア率世界1位
テーマ、プラグインが豊富
無料(サーバー、ドメインが必要)
シェア率2位
EC構築が簡単
無料(サーバー、ドメインが必要)
大企業、政府が利用
複雑なシステムを構築可能
リリース2003年2005年2001年
集客検索エンジン検索エンジン検索エンジン
ドメイン独自ドメイン独自ドメイン独自ドメイン
デザイン性テンプレートが豊富テンプレートはやや少ないテンプレートは少ない
収益化商用利用可能商用利用可能商用利用可能
詳しく見る公式サイト公式サイト公式サイト
オープンソース型

オープンソース型の特徴

特徴
  1. ソースコードが無償で一般公開
  2. 商用・非商用問わない
  3. 誰でも自由に利用・修正・再配布可能

オープンソース型のメリット・デメリット

メリットデメリット
低コスト
カスタマイズしやすい
利用者が多いので情報が多い
サービス終了のリスクがない
サポートがない
日本語の情報が少ないCMSもある
オープンソースゆえの脆弱性

独自開発型(CMS)

オンプレミスタイプは、Web制作会社が1社ごとに開発するCMSツールです。

費用が高額のため、企業向きです。

SITEMANAGEMovable Type
特徴サイト管理が簡単
複数のセキュリティ対策
整理・構造化されたデータの出し入れが用意
商用パッケージ型CMS国内導入シェアNO.1
料金50万円〜2,500円/月〜
リリース2013年2007年
※オープンソース化
集客検索エンジン検索エンジン
ドメイン独自ドメイン独自ドメイン
デザイン性テンプレートが豊富テンプレートの記載なし
収益化商用利用可能商用利用可能
詳しく見る公式サイト公式サイト
オンプレミスタイプ

クラウドタイプは、ネット環境とブラウザがあれば簡単にブログを作成可能です。

Wixジンドゥ
特徴基本無料
ドラッグ&ドロップ式
基本無料
AIビルダー
リリース2006年2007年
集客検索エンジン検索エンジン
ドメインサブドメイン
独自ドメイン(有料)
サブドメイン
独自ドメイン(有料)
デザイン性テンプレートは800種類テンプレートはやや少ない
収益化商用利用可能商用利用可能
詳しく見る公式サイト公式サイト
クラウドタイプ

独自開発型の特徴

独自開発
  • オンプレミスタイプ
    • サーバーを自社で管理
  • クラウドタイプ
    • CMS提供者がサーバーを管理するためサーバーの契約が必要ない

独自開発型のメリット・デメリット

メリットデメリット
サポートがある
ユーザーのセキュリティー対策が必要ない
初心者でも簡単にブログを作成できる
オンプレミスタイプは費用が高額
デザインやレイアウトの細かいカスタマイズがしにくい

②サーバー、ドメインを選ぶ

WordPressなどのCMSでブログを作成する場合、サーバーとドメインを契約します。

意味
  • サーバー:サービスを提供するコンピューター
  • ドメイン:インターネット上の住所

一般的にはレンタルサーバーを借ります。

自分で用意するのは初期費用、運用コスト、関連知識が必要なため非常に難しいからです。

レンタルサーバーとドメインは同時に契約できます。

国内主要サーバーの特徴を表にしました。

スクロールできます
エックスサーバーさくらインターネットロリポップConoHa WING
特徴国内シェアNO.1料金が安い料金が安い表示速度が早い
ストレージSSD300GBSSD300GBSSD165GBSSD300GB
速度早いやや遅い早い早い
サポート電話
メール
設定代行
電話
メール
チャット
対面サポート
電話
メール
チャット
電話
メール
※サポートデスク満足度NO.1
セキュリティSSL無料
WAF対応
SSL有料
ファイアーウォール
独自SSL無料
WAF
独自SSL無料
WAF対応
料金990円〜524円〜550円〜1,320円〜
特典独自ドメイン
永久無料プレゼント
なしなし独自ドメイン
永久無料プレゼント
キャンペーン10日間の無料お試し、サーバー移転が無料
期間:2022年5月12日まで
なしハイスピードプラン最大実質33%オフ
期間:2022年5月8日まで
50%オフ
期間:2022年5月16日まで
利用者満足度
※2021年10月期
NO.1
※2021年2月期
2022年4月時点

※レンタルサーバーの速度は計測の仕方により異なるため、実際に計測したサイトの数値を参考に評価しています。
※満足度は日本マーケティングリサーチ機構参照

③ブログ管理システムをインストール

必要な場合、CMS(ブログ管理システム)をインストールします。

ダウンロード | WordPress.org 日本語

④記事を書いて公開

準備ができたら記事を書いて投稿しましょう。

公開ボタンを押すまでは公開されません。ほとんどのブログサービスでは下書き保存のボタンがあります。

初めての投稿は不安かもしれませんが、公開した後でも編集はできるので、完成度が低くても大丈夫です。

一般的にはプロフィールを最初に書くことが推奨されていますが、必ずしもプロフィールを書かなければいけないというわけではありません。

匿名でも全く問題ないです。

目的、用途に合わせて自由にブログを書きましょう。

おすすめブログサービス4選

おすすめのブログサービスを4つ厳選しました。

  1. WordPress
  2. Wix
  3. はてなブログ
  4. note

それぞれ詳しく解説していきます。

WordPress

特徴世界シェアNo.1
本格的なサイトを作成可能
料金基本無料(別途サーバー、ドメイン代が必要)
レンタルサーバー代
※国内主要サーバー
エックスサーバー:990円〜
さくらインターネット:524円〜
ロリポップ:550円〜
ConoHa WING:1320円〜
ドメイン代ドメインによる
サーバーのキャンペーンで実質無料のことが多い
デザインテンプレート9,000以上
メリットデザインが豊富
カスタマイズの自由度が高い
デメリット運営初期の集客が困難
ドメイン、サーバー代がかかる
おすすめできる人広告収入を得たい人
デザインにこだわりたい人

WordPressは世界シェアNo.1(※2)のブログサービスです。

利用者が圧倒的に多いため、ユーザーのコミュニティがたくさんあります。

維持費用(サーバー代、ドメイン代)は多少かかりますが、ブログを書く以外にもWebデザイン、マーケティングなど学べることは多いです。

\ ConoHa WINGの始め方を見る /

当サイトではを愛用しています。 ※2022年5月16日までキャンペーン中

» 他のサーバーと比較する

Wix

特徴ドラッグ&ドロップ式
料金基本無料
プレミアムドメイン接続:500円/月 〜(Wixの広告が自動表示、動画アップロード不可)
ベーシック:900円/月
アドバンス:1,500円/月
VIP:2,700円/月
デザインテンプレート800以上
メリット直感的にWebサイトを構築可能
プログラミングの知識・スキルが不要
デメリット無料版は制限がある
サイトにWixのブランドと広告が表示される

WixはクラウドベースのWeb制作プラットフォームです。

ここ最近シェア率を伸ばしていること、簡単におしゃれなブログをを作成できることからおすすめに選びました。

レンタルサーバーが必要ないので、「WordPressは難しそう」という人におすすめです。

\ 公式サイト /

はてなブログ

特徴はてな独自のコミュニティ(はてなブロググループ)
料金基本無料
メリット最初から記事を読んでもらいやすい
デメリットデザインテンプレートが少ない
無料版だと制限がある
おすすめできる人ブログの着せ替えがしたい人
コミュニティに入りたい人

はてなブログは、株式会社はてなが展開するブログサービスです。

はてなブロググループなど読者との繋がりを持ちながらブログを楽しむことができます。

「検索エンジンからの集客は難しそう」、「無料である程度デザインも自分好みにしたい」という方におすすめです。

\ 始め方を見る /

note

特徴シンプル
料金基本無料
メリット書いた記事を有料で販売できる
デメリットデザインの自由度が低い

noteは、クリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。

「ブログのデザインにこだわりがない」、「文字をシンプルに書きたい」という人におすすめです。

\ 始め方を見る /


参照リンク
(※1)https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/service/05.html
(※2)https://www.tooltester.com/en/blog/cms-market-share/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる