「始めるならWordPress一択」って本当?無料ブログとの違いを解説

これからブログを始めようと思っている人や過去にブログをやってた人で「WordPressと無料ブログってどう違うの?」「どちらがおすすめ?」と考えている人も多いのではないでしょうか。

どちらを選ぶかは“ブログを始める目的”によって変わってきます。

結論から言うと、日記や趣味で始めるなら無料ブログで全く問題ありませんが、長期的に収益化を考えている場合はWordPressがおすすめです。

今回は、“WordPressと無料ブログとの違い”を初心者にも分かりやすいように解説していきます。

本記事は、フリーランスのブロガーとして活動するkima(@Kimama_zin)が執筆しています。

目次

WordPress一択と言われる理由

「ブログを始めるならWordPress一択」と言われる主な理由は以下です。

人気の理由
  • デザインの自由度が高い
  • 検索結果で上位表示しやすい
  • 広告を最適な場所に表示可能
  • オープンソースのソフトウェアでサービス終了のリスクがない

維持費用がかかるデメリットはあるものの、選ぶメリットは大きいと言えるでしょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

WordPressと無料ブログの違い

WordPressと無料ブログの違いを簡単な表にしました。

WordPress無料ブログ
費用月額1,000円程度-(有料版あり)
収益性
デザインの自由度

違いをそれぞれ解説していきます。

①費用の違い:WordPressは維持費がかかる

WordPressは、維持費用(サーバー代、ドメイン代)がかかります

無料ブログは有料化しなければ特に料金がかからないので、気軽に始めることが可能です。

サーバーは、ホームページのを維持するために必要なものです。ソフトウェアやデータを保管してくれます。

自分で用意するには、高度な知識な多額の費用がかかってしまうので、レンタルサーバーを利用するのが一般的です。

当サイトでは、を使用しています。 ※現在キャンペーン中!2022年5月16日(月)18:00まで

②広告の違い:WordPressは広告の最適化が可能

WordPress無料ブログ
Googleアドセンス可能ブログサービスによる
アフィリエイト可能ブログサービスによる
収益性高い低い

WordPressは収益性が高いです。

なぜなら広告を自分で自由に選んで貼ることができるからです。Googleアドセンス、アフィリエイトなどの広告の最適化が可能なため、個人ブロガーだけでなく多くの企業が使用しています。

無料ブログの場合、利用規約などが厳しいため自由に広告を貼れるとは正直言い難いです。

③デザインの違い:WordPressはデザインの自由度が高い

kimablogのトップページ
kima blog(WordPress使用)
テンプレートで作成(はてなブログ)

WordPressはテーマやプラグインの導入(プログラミングの知識がある人なら自作)でデザインの自由度が高いのに対して、無料ブログは基本的に決められたテンプレートを使って作成します。

上記の画像を比べて頂くと分かりますが、WordPressの場合、テーマやプラグインを使うことでデザインに個性を出しやすいです。

また、サイト設計をしっかりとすることで回遊率が上がるので、読者にとっても使いやすいサイトを作ることができます。

人気のブログサービス5選

マイナーなものを合わせるとブログサービスは数十種類以上ありますが、どうせ使うならアクセスが見込めるサービスがいいですよね。

2022年、人気があるブログサービスは以下の5つです。

有料(月額1,000円程度)
無料(有料版あり)
  • WordPress
  • FC2ブログ
  • アメーバブログ
  • はてなブログ
  • note

※ツールでアクセス数を調査。人気があるものに絞りました

それぞれ詳しく紹介していきます。

WordPress

WordPress(ワードプレス)は、ブログから高機能なサイトまで作ることができるオープンソースのソフトウェアです。

無料で使えますが、ドメインやレンタルサーバーに費用がかかるため有料ブログとして紹介されることが多いです。

自由度が高く無限の可能性があるので、企業だけでなく個人ブロガーにも人気があります。

しかしながら、運営初期の集客が難しいです。何もしなければ、数ヶ月は誰も見てくれないと考えた方がいいです。

FC2ブログ

FC2ブログは、無料で高機能なブログサービスです。非上場企業のFC2, Inc.が運営しています。2004年10月にサービスを開始、歴史が長いです。

HTMLやCSSの編集が可能なので、WordPress以外で本格的なブログが作りたい人に人気があります。

無料で使えますが、(有料版)にすることで使える機能が増え、広告を非表示にすることが可能です。

無料有料(Pro)
価格¥0¥275円〜/月 ※年間プランの場合
支払いクレジット、FC2ポイント、コンビニ決済、銀行振込
参照:FC2ブログPro(有料プラン)

アメーバブログ

アメーバブログは、月間来訪者7,500万人(※2)を超えるブログサービスです。東証1部上場企業である株式会社サイバーエージェントが運営しています。

芸能人・有名人のブログが多いので、芸能界に興味・関心が高い読者に読んでもらいやすいと言えるでしょう。

無料で使えますが、Amebaプレミアム(有料版)にすることでより快適に使うことが可能です。

無料画像容量アップコース広告をはずすコース
価格¥0¥198円/月¥1,027円/月
支払いクレジット、Yahoo!ウォレットクレジット、Yahoo!ウォレット
参照:Amebaヘルプ|Amebaプレミアムとは

はてなブログ

無料有料版(Pro)
価格¥0¥14,400/2年
¥8,434/1年
¥1,008/1ヶ月
支払いクレジット、デビットカード、プリペイドカード、はてなポイント
参照:プラン・料金 – はてなブログ

はてなブログは、株式会社はてなが展開するブログサービスです。2013年にサービスを開始。著名人で使っている方も多いです。2016年、マザーズに上場しています。

はてなのプラットフォーム(はてなブックマーク、はてなブロググループ)からのアクセスがあるので、ブログ初心者でも集客しやすいです。

有料版(Pro)だと広告非表示、独自ドメインの設定が可能です。

note

無料版有料版(noteプレミアム)
価格¥0¥500
支払いクレジットのみ
参照:note プレミアム|note(ノート)

noteは、シンプルが特徴のブログサービスです。非上場のnote株式会社が運営しています。

有料版のnoteプレミアムでも高単価の商品やサービスを紹介するアフィリエイトはできず、Amazonアソシエイト(=商品の紹介料を得るアフィリエイト)のみ可能です。

ドメインパワーが強く有料記事を販売することが可能なので、ノウハウなどのコンテンツを販売したい方に向いています。

WordPressと無料ブログは結局どっちがおすすめ?

WordPress無料ブログ
収益性高い低い
手軽さ10分程度で作成可能アカウント登録のみ
費用月額1,000円程度-(有料版はサービスにより異なる)
メリット・広告を自由に貼れる
・デザインの自由度が高い
・検索結果で上位に表示しやすい
・維持費がかからない
・テンプレートがあるので楽
・集客しやすい
デメリット・維持費がかかる
・初期の集客が困難
・利用規約が厳しい
・サービス終了のリスクがある
おすすめの用途・雑記
・趣味
・ビジネス
・専門性の高いブログ
・日記
・メモ帳代わり
・手軽な趣味ブログ
・自分のサービスへの集客
こんな方におすすめ・収益化を少しでも考えている人
・自分でカスタマイズしたい人
・完全無料で使いたい人
・サービス内で交流したい人

今回は、WordPress一択と言われる理由、WordPressと無料ブログの違いを解説しました。

日記や趣味について書くだけであれば無料ブログで十分ですが、運営からブログを削除されるリスクやサービスが終了してしまうリスクを考えると、WordPressも選択肢として候補に挙がります。

NAVERまとめが2020年9月30日にサービス終了しました。
有名なサービスだとしてももいきなり終わる可能性があるので、選ぶ場合は知名度が高いものにしましょう。

また、「いずれは収益化したい」と考えている人はWordPressがおすすめです。

なぜなら、広告を最適化することで収益性が高いからです。

右下の目次からそれぞれのサービスの説明に移動できます。迷っているという方は公式サイトで実際のブログの雰囲気を比べてみてください。

百聞は一見にしかずです。

WordPressと無料ブログの比較でよくある質問

無料ブログの有料版はどんなことができる?

無料ブログの有料版は色々な機能が使えるようになります。

また、保存できる容量が増えたり、広告を消すことができるのもが多いです。

ブログの収益化はどうやるの?

ブログの収益化は、大きく分けると以下の2種類に分けられます。

  1. 自分で作った商品・サービスをブログで販売
  2. 広告収入

詳しくは以下の記事をご覧ください。

ブログは稼げる?

ブログで稼いでいる方はたくさんいます。ただし、どのブログジャンルを選ぶかが非常に重要です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。


出典
(※1)https://stat.amebaad.jp/ad/mediaguide/2021_04-06/2021_04_06_Ameba.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる