【WordPressテーマ】SWELLレビュー|1年間使った本音

数あるWordPressテーマの中でも個人ブロガーから人気が高いSWELL。「正直どう?」「機能やデザインはどう?」このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

今回、WordPressテーマ『SWELL』を紹介するレビュー記事を書きました。

SWELLを購入して約1年間使い倒しました!

個人的な評価だけでなく、購入前に知りたい懸念点、注意点も紹介しています。

画像付きでSWELLの魅力を紹介していくので、WordPressテーマに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

筆者のWordPressテーマ遍歴

無料WordPressテーマ『Cocoon』〜海外の有料WordPressテーマ『Hueman』など転々と使う。

2020年の夏頃『SWELL』に乗り換え。

現在進行形でメイン2サイト共に『SWELL』を使用中。

目次

SWELLとは

出典:SWELL公式サイト(2022/3時点)

SWELLは、シンプル美と機能性を両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマです。

「追求する」というのがポイントで、日々アップデートで進化していくSWELLとサイトが成長できるのも魅力と言えるでしょう。

\ デザインを見る /

SWELLの特徴

SWELLは、“シンプルなデザインと高機能”が特徴のWordPressテーマです。シンプルなデザインが美しいだけでなく、“操作性が抜群にいい”ので、多くのブロガーに愛されています。

振り返ってみると、SWELLを購入したきっかけはマクリンさんのツイートでした!

開発者は了さん

SWELLの生みの親は、フリーランスでプログラマーの了さん

職業WordPressデベロッパー 
生年月日1993年6月11日 
会社名株式会社LOOS(公式サイト:https://loos.co.jp/
参照:了|note、Twitter

了さんはWordPressテーマだけでなく数多くのプラグインを開発しています。

そのひとつであるUseful Blocks は、おしゃれなデザインが簡単に作成可能な無料でも使えるプラグインです。

▼他のWordPressテーマでも利用可能▼

販売元は株式会社LOOS

SWELLの販売元は、株式会社LOOSです。

WordPressテーマ名SWELL
リリース日2019年3月10日
販売元株式会社LOOS
価格17,600円(税込)
決済方法クレジットカードのみ(VISA/Master/AMEX/JCB)
2021/12時点

株式会社LOOSは、WEBサイト、WEBサービス、ソフトウェアの開発や販売をしている会社です。WordPressのテーマやプラグインを販売しています。

後述しますが、サポートもあるので安心して購入可能です。

SWELLは高い?人気有料テーマの相場

WordPressで人気がある有料テーマの相場は10,000円〜15,000円程度なので、SWELLの値段は高い部類に入ると言えるでしょう。

比較されることが多いWordPressテーマの値段は以下です。 

スクロールできます
テーマ名価格
ACTION(AFFINGER6)14,800円(税込)
JIN14,800円(税込)
SANGO11,000円(税込)
※2022/3時点

正直、どれも値段は張ります。

「まだブログで収入がないのに有料テーマを買うのは抵抗がある。」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、以下ではブログで収益化する方法を2つ紹介しています。「少しでもお得に買いたい」という方はこちらも併せてご覧ください。

SWELLをおすすめする6つの理由

出典:LOOS,Inc.

ブロックエディターを実際に使っているところが見れる動画です。
※動画は音量にご注意ください。

SWELLがおすすめできる理由を6つ紹介します。

①ブロックエディターに完全対応

SWELLの魅力のひとつは、最新のブロックエディター『Gutenberg』に完全対応していることです。

Gutenbergとは、WordPress5.0から標準搭載になったエディターのこと。

以前は、クラシックエディター(HTMLやCSSの知識が必要)でした。

ブロックを用いて、直感的に文章や画像を設置できるので、誰でも簡単に操作ができます。

他のWordPressテーマだと一部機能が有料だったり対応していない機能もありますが、SWELLは全ての機能が購入代金に含まれています。

これにより”直感的な操作が可能“なので、CSS、HTML、PHPなどのプログラミングの知識が必要ありません。

上記の動画を見ると一目瞭然です。

②アップデートが頻繁にある

SWELLは、開発者の了さんが日夜WordPressを研究しているので、頻繁にアップデートがあります。

不具合の改善が早く、新しい機能が使えるようになるのもSWELLの魅力です。

③直感的な操作が可能

SWELLふきだしセット

「プログラミングとか全然分からない。」という場合もSWELLなら全く問題ありません。

“SWELL専用のブロックで直感的な操作”ができます。

ブログを書く作業だけに集中できるので、CSSなどのコードで悩む必要がないのがいいです。

※このふきだしはでイラストレータに依頼したもので、SWELLには含まれません。

\ こんなボタンも簡単に作れます/

④SWELL利用者限定のフォーラム

SWELLを購入すると、利用者限定のフォーラムが使えるようになります。

フォーラムの内容
  • 質問
  • 不具合報告
  • 要望

何か困ったことがあった時に相談ができる場所があるのは大きいです。

質問や相談をすると、SWELLユーザーもしくは、開発者である了さん本人が回答してくれます。

⑤他のWordPressテーマからの移行が楽

SWELLは、人気の無料テーマCocoonとも業務提携しています。

“乗り換えサポート用プラグインが用意されている”ので、テーマの移行がスムーズにできます。

乗り換えをサポートしているWordPressテーマ一覧
  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • THE THOR

全ての機能を維持できるわけではありません。詳細は、公式サイトをご確認ください。

⑥デフォルトで搭載されている機能が素晴らしい

有料WordPressテーマは機能を拡張するために別途プラグインが必要なことも多いですが、SWELLはデフォルトで搭載されている機能がすごいので別途プラグインが必要ありません。

▼2022年3月31日、テーブルが大幅に進化しました。

▼2022年4月20日、ボックスメニューが追加されました。

SWELLのデザインはどう?

出典:了さん

テーマカスタマイザーを使用、デザインを変更している動画です。
※動画は音量にご注意ください。

ここまでは、機能面を紹介してきました。

ここからは、SWELLのデザイン性について紹介していきます。

①SWELLの世界観を堪能できる

“SWELLを立ち上げた瞬間、SWELLの世界観”に惹き込まれます。

多くのWordPressテーマは、導入した後に何をすればよいのかぱっと見た時に分かりづらいです。

SWELLは、“何もしなくてもすでにおしゃれなデザイン”がそこにあります。

初心者でもデザインで失敗しないのは嬉しいですよね。

「これなら私でも作れそう。」そう直感的に思わせてくれる魅力があります。

初めてインストールした時の高揚感は今でも忘れません!

②美しいピックアップバナー

kimablogのピックアップバナー

トップ下に表示できるピックアップバナーが非常に美しいです。

ピックアップバナーは、スライダーで動くようにも設定できるので、すぐにおしゃれなサイトが作れます。

当サイトの場合は、明るさを抑える設定し画像下に文字を設定していますが、細かい調整も簡単に可能です。

デザインのカスタマイズも楽々とできちゃいます。

③サイトトップに動画を表示可能

SWELLの公式サイトをご覧頂くと驚くと思いますが、トップ画面いっぱいに動画を表示することも可能です。

シンプルでありながら、個性的なブログやサイトを作ることもできます。

SWELLを選ぶメリット・デメリット

SWELLを選ぶメリットだけでなくデメリットも解説します。

kima

購入前に知りたい懸念点や注意点を紹介!

メリット

  • シンプルでおしゃれなデザインが簡単に作れる。
  • ブロックエディター完全対応で操作性が抜群なので、作業効率が上がる。
  • プログラミングの知識が不要なので、誰でも簡単に使える。
  • 使用しているブロガーが多いので、情報共有がしやすい。

メリットについてはここまで十分に触れてきたので、説明は割愛します。

デメリット

  • CSSで細かいデザインの変更がしづらい。
  • 有料のWordPressテーマの中では高価格。

元々他のWordPressテーマを使っていて「全ての設定を自分でしたい」という方は、少し戸惑うかもしれません。

また、SWELLは決して安くはないので、「質よりも値段重視」という方はおすすめできません

→機能を拡張するために別途有料プラグインが必要ないので、有料WordPressテーマの中では高価格帯であるもののコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

SWELLを1年間使ったレビューまとめ

SWELLを1年間使ったレビューを表にまとめました。

デザイン
操作性
カスタマイズの自由度
サポート
アップデート
価格
総合評価
個人的評価

SWELLは、“シンプルなデザイン性が美しく、操作性が抜群にいい”です。

  1. デザインがいいことで、ブログを書くモチベーションが上がる
  2. 快適すぎる操作性のおかげで、投稿までの時間が大幅に短縮
  3. 結果的にブログで収益化しやすい

本当に出会えて良かったと感じるWordPressテーマです。

CSSなどでカスタマイズがややしにくい一般的なWordPressテーマよりも価格が高いというデメリットもありますが、それを忘れさせるくらいの価値が十分あると思います。

『SWELLを1年間使ったレビュー|至高のWordPressテーマ』と以前タイトルをつけたのも、“プログラミングの知識がほぼない自分が、1年間不自由なく使い続けることができた”感謝があったからです。

SWELLはこんな方におすすめ
  • 初めて有料でWordPressテーマを選ぶ方。
  • プログラミングの知識がほぼない方。
  • 他の有料WordPressテーマを使って使いにくいと感じている方。
  • WordPressテーマを色々買うのが好きという方。

他の有料WordPressテーマと悩みましたが、個人的な決め手は“快適な操作性”でした。

現在無料のWordPressテーマを使っている方や既に有料テーマを使っている方で、「AFFINGER、JIN、SANGOなど、他のWordPressテーマと悩んでいる」という方も多いと思います。

そこで、直近の口コミを集めました。参考程度にご覧ください。

SWELLについてよくある質問

SWELLについてよくある質問を紹介します。

どこから買うとお得?

2021年2月1日より特典をつけての紹介が一律で禁止になったので、どこから購入しても値段は同じです。詳しくは、利用規約4-7をご参照ください。

利用規約:https://swell-theme.com/terms/#swell-afi

セールはある?

時々セールがありますが、頻度が減っています。

次セールがあるとしたら年末が可能性としては高そうです。 ※残念ながらありませんでした

「やらないつもりだった。」と開発者の了さんがツイートしているので、セールか次あるかどうかは保証できません

定価が17,600円(税込)

前回同様20%OFFの場合、14,080円(税込)なので、3,520円差です。

コーポレートサイトには不向き?

コーポレートサイトでも使用可能です。

ただし、SWELL公式サイトでWooCommerceなどのEC系のプラグインは基本的に対応していないと記載があることから、ECサイトを作りたいという場合は他のWordPressテーマが無難です。

SEOには強い?

WordPressテーマによるSEOの強さの比較はなかなか難しい問題です。

なぜなら、比べるのが困難だからです。

とはいえ、SWELLで検索1位を獲得しているサイトは多数あります。

実際、私自身も運用サイトで検索1位をたくさんとっているので、SEOに強いと感じました。

具体的に優れている点は以下です。

  1. ページの表示速度がかなり早い
  2. パンくずリストが標準で装備
  3. レスポンシブ対応でスマホに強い
  4. SNSシェアボタン標準装備で拡散力がある
無料のWordPressテーマは微妙?

そんなことはありません。

日本語の無料WordPressテーマだとCocoonが人気です。

5,000文字超えの長文レビューにも関わらず、最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

できるだけ客観的に書こうと思っていましたが、SWELLが好き過ぎて絶賛レビューになってしまったかもしれません。

SWELLの魅力が伝わっていれば幸いです!

\ ユーザーの声をもっと見る/

この記事は、画像を除いて全てSWELLデフォルトで使える機能を使って作成しています。
購入前に、公式サイトで動作環境、利用規約のご確認をお願い致します。


参照
https://swell-theme.com/
https://swell-theme.com/switch-to-swell/
https://swell-theme.com/terms/#swell-afi
https://users.swell-theme.com/
https://affinger.com/
https://jin-theme.com/
https://saruwakakun.design/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる